今回は「飛距離アップ編」としてこの合理的なスイングについて詳しく解説します。

クラブを速く正確に振るためには、軸を中心としたシンプルな円運動を形成することが、最も重要な課題です。スイング軸を中心に体が回れば、その回転に引っ張られるように腕が振られる、これが無駄を排除しエネルギーロスの少ない合理的なスイングなのです。プロゴルファーの写真を見て、目についたヒトコマの形を真似しようとしたことはありませんか?
心当たりがある人も多いはずです。


しかし、いきなりハンドファーストのインパクトの形を意識してもうまくいくはずがありません。右に抜けるような球が出て、これはプロだけができる技術、自分には無理なんだとすぐに投げ出してしまい、また自己流に戻る、そんなケースが多いように感じます。

でもうまくいかないのは当然なのです。
ゴルフスイングというのは、アドレスからフィニッシュまで、一つの流れでつながっているのです。いいフィニッシュをとるためには、フォロースルーがよくなければなりません。いいフォロースルーをとるためにはインパクトがよくなければならない・・・・。こうしてすべての部分は、その前の部分を土台にしてできあがっているのです。つまりハンドファーストのパワーインパクトの形を身につけたければ、その前のトップ、バックスイングアドレスといった部分がよくなければできないのです。

そして、最終的に最大限の飛距離を得るためには、やはり腰のターンにリードされてスイングできるようになることです。

ところがアマチュアの90%以上はいわゆる“手打ち”といっていいと思います。ダウンスイングをしっかり下半身から切り返せる人はほとんどいないでしょう。

切り返しの瞬間に、手や右肩が先に前に出るために、トップでせっかく上半身と下半身に捻転差をつけても、これでは上半身が先に動き始めますから、ダウンスイングでは下半身に追いついてしまい、一緒にターンすることになる。スイング軌道は確実にアウトサイドイン軌道になってしまいます。それでも熟練してしまえば、アウトサイドイン軌道でボールをコントロールしてスコアメイクは出来シングルになることもできるでしょう。

しかし、これでは自分のパワーを最大限に生かして、最大限の飛距離を獲得することも、より精度の高いショットをすることも出来ないのです。

今回の内容はこの「腰のターンにリードされてスイングできるようになること」のために必要な事柄を詳しく説明しました。つまり腕や上体をワンテンポ遅らせて、レートヒットするための感覚を身につけるための練習方法です。

ボールを遠くへ飛ばす為に必要なテクニックとして、
ダウンスイングでクラブをタメて下ろすと言うことが挙げられます。

タメのないスイングではボールを遠くに飛ばすことは出来ません。ダウンスイングへの切り返しで、クラブヘッドをワンポイント遅らせて下ろし、そのクラブヘッドがインパクトからフォローで一気に体を追い抜かしていく。この時の最初のクラブヘッドの遅れがタメです。もちろんこの遅れを感じるためのドリルもご紹介しています。

そして、飛躍的な飛距離アップを目指すなら、そのタメをギリギリまでキープするレートヒットの技術を身につける必要があります。具体的には、コックをほどくことをインパクト直前まで我慢し、それによってクラブヘッドを遅らせてきて、インパクトで一気にほどいて体を追い越させる。これで飛距離がグーンとアップします。

もちろん簡単なことではありませんが、実はこの動きに無理なく入れるようにする練習の第一歩がPART.1でお知らせしました最小形の動きを足踏みで打球する練習なのです。

物事は何でも土台から作るものです。先にも述べましたようにアドレスから順に技術を積み上げることが大切です。そういう意味でEnjoyシリーズも編集して参りました。今回のテーマである腰のターンにリードされてスイングできるようになるためには、前回PART.3の右を向いたら自然にディレクションチェンジとコッキングが自然に発生するバックスイングが必要です。そしてその為にはPART.1、PART.2で説明しましたプリスイングの原則や基本的な動きの練習が必要になります。

このように、知識を積み重ねた皆様が今回のPART.4をご覧いただければ、今までの繋がりが、必ず理解出来るように、詳しく説明しています。そして、かつて感じたことのない切り返しの感覚が徐々に理解出来るはずです。

いいスイングを身につけ飛距離アップさせるためには、とにかく先を急がずに、グリップ、アドレス、バックスイング...の順でひとつひとつ私が説明したポイントを反復し練習していってください。

それが実は一番の近道だからです。そして腰の回転でスイングをリードする動きを身につけた時、あなたは最大限の飛距離が得られるようになっています。是非がんばってトライしてください。


 
 
 

 
No. タイトル 内 容 イメージ
1. 飛距離アップもプリスイングから パワーインパクトで最大限にボールにコンタクトするためにも、プリスイングが大切
2. 太ももの動きを意識して肘を動かす 腰を動かすのも体幹を使うにも、まずは連動している太ももの動きから
3. 下半身リードで回転速度を上げる まずは上半身と下半身を切り離す練習から始める
4. 正しい場所から下ろして打球する 誤ったところから下ろすとスイングモーションが複雑になり過ぎる
5. 右足の粘りを覚える 右足を粘らせ右股関節を伸ばすことで回転速度が上がる。
6. ヘッドスピードを上げる ヘッドスピード5m/secを上げることを目標に練習する
7. 回転で振れば自分に巻き付く 自分の回転力を最大限ヘッドスピードに伝えるには
8. アームローテーション

フェースローテーション
2つのローテーションを理解しボールをコントロールする
9. ダウンでの運動方向を覚える フォロをーを正しくとるにはダウンでのベクトル方向が大切
10. 正しい順番で動かす バックスイング時に動く順番が正しければ、ダウンでも正しい順番に動きやすくなる
11 左肩をボールにくっつけ離さない  これが飛距離アップのキーワード
12  腰を直線的に動かし切り返す  肩を開かずウエイトシフトするには
 13 背面打ちドリル   左肩を開かず左肩支点をイメージ出来る練習方法  
 14 アッパーブローにインパクトするとは 多くの方が勘違いしている点を解説 
15  補足とまとめ  補足と重要点を再確認 

以上、1時間58分です

 

 
ゴルフ上達プログラム

Enjyoy Golf Lessons PART.4.
DVD版 本編 1時間58分 

               
                    
 





以下の注意事項をご確認の上、お申し込みください。

1.ご提供するディスクは、
 PCにて作成したマスターテープを、信頼できるコピー会社において、オーサリングから
 コピー(ベリファイもしております)した「DVD-R」ディスクです。

 DVD-Rの再生に対応したプレーヤー、PCドライブ、PS2などで再生することができますが、
 
コピーで作成するDVD-Rは、再生するプレーヤーによって、まれに再生できない場合があります。
 これは、DVD-Rという規格の問題ですので、どうしても避けては通れないものです。


  ※ DVD-R/RWのビデオモード録画は「DVDフォーラム」により
  定められた規格であり、すべてのメーカーのプレーヤー、
  ドライブがこれに対応しているわけではありません。

 (スイング応用編よりオーサリングから業者に委託していますので、互換性は高まっていますが

  ご利用になる再生機の取扱説明書やメーカーHPなどで
  「DVD-R/RW」規格に対応していることを
  ご確認いただいてからご購入をご検討ください。
  2000年以前のプレーヤーや初期型のPS2、
  DVD+Rドライブ内臓のPCなどをご利用の方は特にご注意ください。

  
もし再生不具合が発見された場合は、下記まで不具合の状況とご利用されている「再生機のメーカー名」、「型番」をお知らせください。
有限会社バジック
〒659-0065  兵庫県芦屋市公光町7−12
TEL 0797-23-5243 FAX0797-32-2779 dvd●basic-inc.co.jp ●を@に変えてください

2.お手持ちのDVDデッキで
再生できなかった場合は、
  VHSビデオへの変更、もしくは返品・返金※での対応
となります。

※商品代金より振り込み手数料を指し引いた金額を返金致します。